ヨクイニンはハトムギの皮をとった種から作られ、それは穀物に当てはまります。
そのため、カロリーは他の生薬や漢方薬よりも高いとも考えられますが、ヨクイニンの副作用で太ることはありません。

麻黄(まおう)や甘草(かんぞう)のように効果が強い生薬とは違い、多少摂りすぎても、副作用の心配はほとんど無いと思われます。
ヨクイニンは一般的に、イボやシミの治療や予防に使われます。
また、新陳代謝を高め、リンパの流れを良くするため、肌のメラニン色素を排出しやすくします。
ただ、ヨクイニンが多量に含まれるハトムギ茶は、口当たりも良く飲みやすいのですが、身体を冷やす効果があります。

身体を冷やすと代謝が悪くなり、血の巡りが滞ります。
これは、太りやすく、痩せにくい身体にしてしまう可能性があります。
ハトムギ茶を継続して飲んだ結果、太ってしまった場合は身体の冷えが考えられます。
元々冷え性である場合は、量に注意して飲む必要があります。

no1

口内炎に効果的なヨクイニンにも副作用がある?

ヨクイニンは、ハトムギの種に含まれる成分で古くから漢方薬の一成分としで使われていますが、単独でも血流を良くしたり新陳代謝を促進する効果が期待できます。
このため、肌のトラブルを改善する漢方薬として「ヨクイニン」の名称で販売されており、美肌効果を期待したり、イボや口内炎の治療に利用する人も多くいます。

口内炎や肌トラブルの改善目的で服用されるヨクイニンですが、副作用があるのでしょうか。
漢方薬は、副作用が出づらく、慢性疾患で長期に薬を服用する必要があるときに最優先されますが、患者の体質に合った薬剤を選ぶことが重要です。
体質も大きく分けて、元来体が丈夫な「実証」タイプの人と虚弱体質の「虚証」のタイプの人がいます。
抵抗力が弱く、頻繁に風邪をひいたりする虚証の人に、実証の人用の薬を処方すると強すぎて副作用を生じることがあります。

ヨクイニンなども口内炎に効果があるとして販売されていますが、例えば、ハトムギにアレルギーがある人が口内炎になって服用すると、副作用に悩まされる可能性があります。
また、アレルギーがなくても体力が衰えて「虚証」の状態ですと、ヨクイニンは実証向けですのであわないことがあります。

no2

ニキビの副作用がある?

ヨクイニンはハトムギを原料とする漢方薬です。
漢方薬というと、体にやさしく比較的副作用が少ないというイメージがあるのではないでしょうか。
しかし、体質によっては何らかの副作用が出ないとも限りませんので注意が必要です。
ヨクイニンには、血流を改善し代謝を高める働きがあります。
そのため、ニキビなどの肌トラブルやイボなどの治療に効果があるといわれています。
体内の余分な水分の排出を促すことから、腎臓や肝臓の機能を高めるともいわれていますが、人によっては胃のむかつきを感じることもあります。
また、美白やアトピーにも良いといわれているヨクイニンですが、まれに皮膚に赤みが生じるケースもあります。

このような副作用が出た場合にはすぐに使用を中止しましょう。
また、ヨクイニンを取り始めてからニキビが治るどころかむしろ悪化するというケースもあります。
これは漢方でいうところの「好転反応」で、成分の効果が現れているという考え方もあります。
他に問題がなければ続けて大丈夫な可能性がありますが、あまりにもニキビの悪化がひどかったり、長く続くようであればいったん使用を中止した方が良いでしょう。
ヨクイニンは体質でいうと中間証から実証、つまり体格が良く血色の良い人に向いているというのも覚えておくと良いかもしれません。

no3

ヨクイニンとむくみの関係

ハトムギ茶は有名ですが、そのハトムギの皮を取り除いた種が漢方薬のヨクイニンです。
イボの薬として処方されたり、ニキビや肌荒れなど皮膚のトラブルを改善することから、化粧水に含まれることもあります。

ヨクイニンは天然の生薬のため、西洋薬に比べると副作用は起こりにくいものの、まったくないというわけではありません。
小麦と生物的によく似ており、イネ科の植物であることから、小麦アレルギーやイネ科アレルギーを持っている人はヨクイニンの服用に注意が必要です。
蕁麻疹や発疹、下痢といった副作用症状が現れる場合もあります。
症状が出た場合には一度使用を中止し、医師に相談してみてください。

アレルギーを持っていない方の場合、美肌におすすめの成分です。
体内の余分な水分を排出する効果や血行をよくして代謝を上げる作用もあるため、むくみの改善にも役立ちます。
ただ、むくみの根本的な原因を解決するわけではないので生活習慣にも注意が必要です。
ハトムギはお茶で飲むこともできますし、スープなどに入れたりして摂取することもできます。

no4

情報収集をしやすいサイト

ヨクイニンには副作用の可能性があるということを理解することが大切です。
その上で、効果も知り、実際に活用するかどうかを考えるといった具合です。
効果に関してはイボのことがよく出てきます。
また、もっと詳しく、ヨクイニンとイボの関係をお知りになりたいなら、こちらのサイトがお勧めです。
ヨクイニンとイボの関係についていろいろ説明してくれています。
ヨクイニンで足裏のイボは取れる?

ご参考までにどうぞ!